開発事例一覧

CASE2大物アッセンブリー調達
トラックキャブを試作したい

トラックキャブの試作品を社外から調達したい

通常は自社内で行うトラックキャブのアッセンブリーを、諸般の事情で外部に委託しなければならない状況になりました。

調達先の選定

従来から、サブアッセンブリーで実績のある3D AUTOに製作の可能性を打診しました。「希望の納期で組立治具の製作から引き受けることができる」との回答を得ることができ、発注することにしました。

開発途上の部品を使い、車体骨格精度の合格ラインを突破

今回のアッセンブリーで使用する、開発途上の量産型で製作した部品の品質状況から、実験に必要な車体骨格精度がクリアできるかが大きな懸念事項となっていました。3D AUTOと共同で品質向上のための解析を行い、同社の、板金、レーザー加工とアッセンブリー技術を駆使することにより、見事に合格ラインをクリアすることが出来ました。また、ものづくりと同時に、設計、量産パネルを改善するための情報も、得ることができました。

  • POINT 1 過去の実績による安心感からアッセンブリーを依頼した
  • POINT 2 予測以上の高品質のアッセンブリー作業に大満足